コロナウイルス対策のこと

◇コロナウイルス対策のこと

新型コロナウイルスの流行により日本中がてんやわんやの状態です。

特に問題なのは「緊急事態宣言」の発出により飲食店に時短要請が出されることです。何とか急場をしのごうと多額の借り入れをしているお店にとって宣言延長は死活問題といっても過言ではないでしょう。

政府や知事、専門家の方がたの話を聞いても、これといった新しい対策は発表されておらず、このまま時間だけが過ぎ去っていくような気がします。

これは私の考えですが、ワクチンを全国にすすめるのではなく、1都3県に集中して接種をしたらよいのではないかと思うのです。

それでなくとも、ワクチンの入荷が遅れ数も少ないとなれば田舎の感染が極めて少ない地域に接種をするよりも首都圏に集中してワクチンを接種したほうが感染減につながるような気がします。都会の若者に接種すれば、彼らからの感染が減ると思うのです。

都会中がワクチンをすることにより飲食店への時短要請もなくなり営業がもとに戻るのではないでしょうか。

なぜ、そうしないのか私にはわかりません。別のリスクでもあるのでしょうか・・?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る