野良猫の話

◇野良猫チビスケ

我が家にある日突然迷い込んできた猫がいました。

その日は、よっぽどお腹を空かせていたのか「ミャーミャー」とうるさいほどの声で泣き叫ぶのでした。

私は猫に餌をやると、あとあと大変になるのが解かっていたので「シ-・・シー」と追い払おうとしたのですが、まるで今まで我が家にいたようなそぶりで泣き続けるのです。

その時の彼の言葉を翻訳しますと、「やっと帰ってこれたー、助けてくれー・・腹が減って死にそうなんだ・・」「何で追い払うんだよー・」

「助けてくれー・・ミャー・・」「たすけてーー」

とまあこんな風に聞こえたわけです。

こうまで泣かれると、さすがに放ってはおけません。
仕方がないのでキャットフードをあげてしまったのです。

それが今では上の画像の通りの有様です。

以前、我が家にいてある日、突然行方不明になった猫に似ているので・・もしかしたらと

思ったのですが、そんなことはないでしょう‥というわけで同じ名前にしたのです。

チビスケです。

よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。