クロワッサンまた始めました。

クロワッサンをまた始めました。

しばらくお休みしていましたが、またクロワッサンを作り始めました。

そのことで少し書いてみました。

クロワッサンはフランスのパンで朝食に食されることが多く、配合もそれ用に塩味になっています。
小麦粉に対して2,4%という食塩は砂糖(6~7%)が少ないので少し、しょっぱく感じるかもしれません。これは無塩バターを生地に対して37,5%も織り込むためです。その分多くなっています。
デニッシュ(砂糖が20%で折込バターが25%前後)と比べるとよく解ります。

食事用のパンは小麦粉に対し砂糖2~8%、塩1.8~2%位が普通です。
クロワッサンを召し上がるときはレタスなどを挟んで一緒に食べると塩味が気にならず、おいしくいただけます。

最近はバターの不足や価格の高騰から、どこもバターに変えてマーガリンを使うところが多くなっています。コンビニやスーパーでクロワッサンを見かけたら、裏面の原材料のところをごらんいただくとわかります。

当店では100%フレッシュバターを使用しています。召し上がっていただければすぐにわかります。味が全然違います。

なお酸化が早いので常温に置かず冷凍で販売しています。
解凍には自然解凍で25分ですぐに戻ります。

ブランジェ
最高級クロワッサン

1個 ¥120円

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。