チョコレートの作り方

 ◇トリュフの作り方

バレンタインデーに自作のトリュフをプレゼントしてみませんか?

エッ、「もうしてる」ですか・・

それは失礼しました。

では、おさらいという意味で・・。

*普通の作り方

◇材料 :クーベルチュールチョコレート 250g
生クリーム 112g(すべて生クリームですと最近ではかたくなりすぎます。生クリームを減らし牛乳を加え、さらにバターを加えるほうが優れたものができます)
洋酒 25cc
◇作り方 :生クリームを火にかけ沸騰寸前でおろし刻んでおいたチョコレートにいれます。
まぜて溶かします。
熱が取れたところで洋酒を入れ出来上がりです。
冷やして好みの大きさに量り、さらに冷やしてから手で丸めます。
テンパリングしたチョコを手に付け丸めておいたガナッシュをその手の中で転がし、表面をチョコで覆います。
固まったら今度は溶かしておいたチョコのボウルに入れフォークですくい上げキッチンペーパーの上に置きます。
この時、ボウルに針金を渡しておきますと、余分なチョコをこすり落とすのに便利です。

これは基本的な材料になっています。
ほかに入れる材料によって入れ方やチョコレートも洋酒も選びます。
例えばコーヒーを入れるのであれば生クリームに溶かします。
クーベルチュールはミルクをという具合です。

*お店の配合
最近では生クリームの性質の変化により上記の配合及び作り方ではおいしいものはできなくなっています。
お店ではクーベルチュール100gに対して牛乳と生クリームを足したものとバターで合計40gくらいでガナッシュを作っています。
ただこの方法はちょっと複雑なので失敗することが多いでしょうから載せません。

◇注意点 :空気ができるだけ入らないように混ぜます。
アルコールを入れないと腐敗しやすくなります。
洋酒は度数の強いものが適します。分量は上記の割合より2倍くらいまで増やせます。
水分が入らないように気を付けます。
作業する場合室温を20度以下にする必要があります。
生クリームを牛乳に置き換えると乳化作業が難しくなります。

*チョコレートのテンパリング方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。